CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
とと

かくです。

 

NETFLIXでやっているDARKというドイツのドラマにはまって、夜な夜な、グフグフ観ています。

 

少年少女が出てくるところとか、80年代を取り上げていたりとか、ところどころストレンジャー・シングスとかぶると思いきや、全然雰囲気が違うのが面白くて。

ストレンジャーも、ダーク系ファンタジーなので、グロかったり暗かったりするんですが、ちゃんと子供たちに「繊細なセンター」「心配性で賢いボクちん」「陽気ボーイ」とか、役割のすみ分けがちゃんとあるので、安心して観ていられる。

 

◆ストレンジャーな少年少女


それに引き換え

 

◆DARKな少年少女

 

もー全員暗いのですよ。

よく雨に打たれるからビシャビシャだし。男女問わずみんな妙に妖艶だし。

 

そもそも、

・小さな町と森しか出てこない。

・画面は常に暗い。

・よく雨降る。

・私がドイツ語に馴染みがない。(それは関係ない)

 

華やかのはの字もない。

 

展開もエピソードによってはかなーり地味なので、油断するとすうっと意識が遠のきます。

私も黒ブチも、よく交互に「すうっ」となり、は!と我に返って、でも面倒でついそのまま通り過ぎてしまいそうになるのですが、その間にも、作品内では伏線エピソードが鬼のようにバシバシ出ているのため、見逃すわけにもいかず、また巻き戻って観ることに。

 

昔からあまり人が入れ替わらない小さな町の中で、人々は秘密と罪を抱えながら生きていて、その複雑に絡み合う歪な人間関係や、常に張りつめている緊張感には、どうしたって居心地の悪さや息苦しさを感じるんですが。

それでも観ずにはいられないのは、そこに自分自身だったり、自分を取り巻く世界を見ているような変な既視感のせいなのかもしれない。

 

コロナで窮屈だと言っている時に、あえてインに向かって行く逆走感も案外悪くないのです。

| さしたるネタなしネタ | 22:35 | comments(2) | - | pookmark |
容器にルネサンス

かくです。

 

ほぼほぼ誰も読んでないと思いますが、男性が読むと不快感(あるいはショック)な描写が多いかもしれないです。ご注意。

あ。でもあるいはガールフレンドや奥様へ日頃の感謝をこめておひとついかが。

 

今はもう必要としない体に生まれ変わっているのですが、子宮が召される前に、いたく気に入って使用していたものがありました。

 

これ↓

 

 

あまり普及はしていないみたいで、当時周囲に訊いても、存在自体を知らない女性が多かったんですが、要は、ナプキンやタンポンの代わりに月経の血を受け止める機能を果たすものです。

 

元々、私は経血量が多かったのですが、困ったことにその手の話を一番しやすい親友の裏パルも量が多いタイプだったため、毎月自分が流している血の量が実は割と多いかもしれない、ということにぜんぜん気付かないまま人生半分くらい過ごしちゃったよという。

 

だから、毎月、生理の量が一番多い日は、もはやオムツですよねサイズの巨大なナプキン⇒更にナプキン⇒うら若き乙女だったら走って逃げだしそうな太さのタンポンという完全武装で臨み、それでも下手したら会社の椅子に血がこぼれるという悲惨な状態を繰り広げておりました。

会社の備品を汚してごめんなさい総務。言えんけど。

 

で、更に血の量が増えてきたような気がして(これが、体癌検査のきっかけになった)、困って色々探していたら出会ったのが「月経カップ」だったのでした。

 

ちなみに、私が購入したのは『エヴァカップ』という商品でした。

使い方は簡単で、

 

➀カップ型になっている医療用シリコンを膣に挿入する

➁血がそこに溜まっていく

➂取り出して流す

い泙秦淨

 

【デメリット】

➀と➂については、人によっては慣れるまでが少々困難かと。

簡単にグネグネ曲がると、中で折れてしまって血があふれてしまうので、結構固めなのです。

更に、生理中に挿入したり、また入れ直しするから、指に血がつくという。

血がベタベタついた指でカップをまた挿入するのも気持ち悪く、よくトイレに除菌用ウェットティッシュを持ち込んで、指やらカップやらを拭き取りながら取り替えてました。

 

【メリット】

いったん入れてしまうと、異物感がないし、結構な量が入るので頻繁な交換が不要です。らくちん!

あと、蓋をしている状態なので、ナプキンとかにありがちな蒸れによる血生臭い嫌なにおいがしない。

カップにメモリもついているので、具体的に自分の経血量を知ることができる。

子宮の病気は「血の量が増える」という症状でも発覚することがあるので、早期発見にも繋がります。

 

まあでも、ぶっちゃけ一番楽しんだのは、何よりトイレでの一人ルネッサンスだった。

だってこういう状態になるんだもん。


かんぱーい☆

 

 

これねえ、やった人しかわかんないと思うんですけど、すごい達成感あるんですよ。

だって自分が生成してるんですからね。

仕事で、どうして私ってこんな要領が悪いんだろうとか凹んでしまった時でも、トイレに行けばほら。

 

「やだ・・・わたし、今日すごい生産的!」

 

充実感あふれる。

まあ、ルネッサンスした後は、トイレに捨てて流すんだけども。

 

あまりに楽しんでたこともあり、カップ使用しだして数か月で「子宮とる」ということになった時、ひどく悲しかったもの。

色違いでもう一個買ったばっかりだったのに。

未使用だったので、これはもれなく(別にぜんぜん欲しがっていない)親友にくれてやりました。

 

忌々しい、汚れてむかつく、いっそ早くあがってしまえなどなど、毎月呪うことしかできなかった生理に対して、ちょっとだけ柔らかい気持ちになれる月経カップ。

 

さあ、みんなでルネッサンスいたしましょう。

| さしたるネタなしネタ | 23:14 | comments(2) | - | pookmark |
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。