CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
テテテテテテテテテレッパシー

かくです。


テレワークっていうのは、きっと22世紀にあるものなんだ。
ドラえもん来てくれないか。うちのカビくさい押入れでよければ。

せっせと電車に乗って、馬車馬のごとく働いております。
コローナの影響で、職場も戦場と化し、クレームなども増大している中、正気を保つため、 モニタ越しの乾杯や、リングフィット(そもそも持ってない)に背を向け、私は一人アニメを観ております。

だから、『ドロヘドロ』を観終わってしまってひどくさみしい。
世界観は陰惨 、首や胴体がスパスパ飛ぶし、血しぶきも盛大ですが、登場人物が妙にコケティッシュで、間抜けで、とても心地よいのです。
なにより、男女の関係を【恋愛】という形だけで描いてないのが好きでした。
どうか二期を。早くお代わりを。
原作はぜんぜん読んだことがないので、読んでみようと思います。

しかし、新しいアニメを開拓するのってほんと難しい。
狭かったら、店員さんこわかったらとかグルグル考え、結局サイゼリアに吸い込まれてしまったり、ビデオ屋で不審者じゃないかと怪しまれだす程度の時間、もんもんと悩んだ挙句、結局何も借りず出ていくような、超保守的性格が恨めしい。
馬鹿だなあ、そういう時のために、ネットでレビューとかを参考にするんだよ、ほらこれとか評判いいじゃないかと黒ブチが見つけてきた【悪魔城ドラキュラ -キャッスルヴァニア】の一話目を、一緒にみてみました。

核 「・・・・・・・」
黒 「・・・・・・・」
核 「ねえ」

黒 「うん」

核 「これは、本当に評判がいいの?」
黒 「星の数は多い」
核 「でもおそろしいほど何も頭に入ってこないわよ」
黒 「....はいってこないな」
核 「一話目だからかしら」
黒 「そうだ、きっとそうだよ」

そのまま見続けましたが、いまいち面白みがわからず。
結局、二話目には手を出さないまま、黙って静かに解散しました。

ちなみに、以前『きっと、うまくいく』https://eiga.com/movie/77899/というインドの映画を二人で観た時も、全く同じ状況に。
あまりに世の中的に評判がよかった映画なので、これは一体どういうことなんだとゾっとしたのでした。

もしもボックスでちがう世界にきちゃったみたいな。助けてドラえもん。

なんだろう。
ふたりして、宇宙人にあたまをいじられたりしてるんじゃないか。



でも『ミルカ』https://eiga.com/movie/80675/は大好きです。
| アニメネタ | 23:13 | comments(2) | - | pookmark |
お塗る

核です。


仕事帰り、電車に乗ってたら生暖かいものが鼻を伝ってくるのを感じ、とっさに飲み込んだら鉄の味がしました。

ハンドタオルもハンカチーフもティッシュもたまたまなかった。
いや、見栄張った。
その手のものは真夏以外持って歩くことがない。
いやね、ちゃんとトイレ行ったら手は洗いますよ。大丈夫ですよ?
でも、ほらさらっとパンツの尻とかで拭けばいけるからいいかなって。うん。

だがしかしこれは困った。出続ける鼻血。
この混んでる電車内で、流れに身を任せるわけにはいかない。
昭和の小学生坊主のごとく袖でこするか?
ノン!今日半そで!
手首?手首でいっちゃうか?
いやいやいや、電車内でリスカしてる病みすぎOLになっちゃうよ。

結局、自分の駅に着くまで、すごい勢いで鼻をすすり続けました。
結構いけるもんだなとおもった。

********

アマゾンプライムに入ったおかげで、ちゃんとアニメを観られるようになりました。
ひゃっはー。

『どろろ』
時代劇だし、妖怪だし、好きな要素しかなく、貧乏で生活が厳しい人ばかり出てくる(庶民が多い)し、救いはどろろの笑顔と「アニキイ」という声くらいという素晴らしい作品ですが、第2期になってからオープニングとエンディングの歌が代わってしまったのがちょっと切ない。
女王蜂の「火炎」で始まって、amazarashiの 「さよならごっこ」で終わる、というところまで含めての世界観に慣れてしまっていたようです。

『さらざんまい』
これはかなりイっちゃってるぜとクロブチに勧められて観たら、ほんとにイっちゃってました。すごい作品。
少女革命ウテナとか輪るピングドラムを作った人なんだそうです。あとセーラームーン。
思わず、聖地巡礼と称して浅草に行って、通称ウンコビル(と中学校時代に勝手に呼んでた)の下でピースして写真を撮ってしまうくらい、楽しみに観ています。

『鬼滅の刃』
原作がとても好きで、動く善逸と伊之助を見てみたいと思い、アニメに手を出しましたが、丁寧に作られていて大変良いです。
主人公の炭治郎、なんか聞いたことある人だなと思ったら「ニーアオートマタ」の9Sの声の人でした。叫ぶ役多いんだな。
炭治郎の修行時代はちょっとのったりしてる感もあるのですが、どんどん面白くなるので楽しみです。ジャンプでヒーローものを面白く描き続けるのはさぞや大変であろうと思いますが、どうか最後まで頑張ってくださいませ。。

| アニメネタ | 21:49 | comments(0) | - | pookmark |
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。