CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
お塗る

核です。


仕事帰り、電車に乗ってたら生暖かいものが鼻を伝ってくるのを感じ、とっさに飲み込んだら鉄の味がしました。

ハンドタオルもハンカチーフもティッシュもたまたまなかった。
いや、見栄張った。
その手のものは真夏以外持って歩くことがない。
いやね、ちゃんとトイレ行ったら手は洗いますよ。大丈夫ですよ?
でも、ほらさらっとパンツの尻とかで拭けばいけるからいいかなって。うん。

だがしかしこれは困った。出続ける鼻血。
この混んでる電車内で、流れに身を任せるわけにはいかない。
昭和の小学生坊主のごとく袖でこするか?
ノン!今日半そで!
手首?手首でいっちゃうか?
いやいやいや、電車内でリスカしてる病みすぎOLになっちゃうよ。

結局、自分の駅に着くまで、すごい勢いで鼻をすすり続けました。
結構いけるもんだなとおもった。

********

アマゾンプライムに入ったおかげで、ちゃんとアニメを観られるようになりました。
ひゃっはー。

『どろろ』
時代劇だし、妖怪だし、好きな要素しかなく、貧乏で生活が厳しい人ばかり出てくる(庶民が多い)し、救いはどろろの笑顔と「アニキイ」という声くらいという素晴らしい作品ですが、第2期になってからオープニングとエンディングの歌が代わってしまったのがちょっと切ない。
女王蜂の「火炎」で始まって、amazarashiの 「さよならごっこ」で終わる、というところまで含めての世界観に慣れてしまっていたようです。

『さらざんまい』
これはかなりイっちゃってるぜとクロブチに勧められて観たら、ほんとにイっちゃってました。すごい作品。
少女革命ウテナとか輪るピングドラムを作った人なんだそうです。あとセーラームーン。
思わず、聖地巡礼と称して浅草に行って、通称ウンコビル(と中学校時代に勝手に呼んでた)の下でピースして写真を撮ってしまうくらい、楽しみに観ています。

『鬼滅の刃』
原作がとても好きで、動く善逸と伊之助を見てみたいと思い、アニメに手を出しましたが、丁寧に作られていて大変良いです。
主人公の炭治郎、なんか聞いたことある人だなと思ったら「ニーアオートマタ」の9Sの声の人でした。叫ぶ役多いんだな。
炭治郎の修行時代はちょっとのったりしてる感もあるのですが、どんどん面白くなるので楽しみです。ジャンプでヒーローものを面白く描き続けるのはさぞや大変であろうと思いますが、どうか最後まで頑張ってくださいませ。。

| アニメネタ | 21:49 | comments(0) | - | pookmark |
夏の汚臭
夏核です。


休みの日は、日差しが熱いので、カーテンを閉め、緩やかに冷房をかけ、暗がりの中で延々とアニメ鑑賞をしております。

お腹が減ると渋々つっかけサンダルを履いて外に出て、近所のコンビニに行ってペヤングとポテチを買いこんで家に戻り、食べながら、またアニメ。


20歳の頃から過ごし方が変わらなすぎるわけですが、冷静になってみると、そこから約20年が経過しようとしている今ナウも時が止まっているかのごとく同じ行動をしているっていうのは、実に感慨深いものがあります。

いや、うそです。感慨がないことに感慨。


でもね、夏なんで。

四季のニッポン、情緒のニッポンということで、夏らしくするために、ちゃんとそれらしいアニメをチョイスしてみる心意気。


で、だいぶ昔に流行っていた「ひぐらしのなく頃に」をイマサラ鑑賞しております。


以前、どこかに旅館に宿泊した時、漫画やら小説やらが入っている棚が玄関口にあって、そこでちょっと読んだくらいなんですけど、その薄汚れ方といい(おそらくはオーナーの私物だから)、うす汚れた旅館といい(宿泊費をケチったから)、ひぐらしとの出会い方自体がややホラーでした。


OPの歌が怪しくていい!

デッサンが狂い咲きなのもいい!

語尾に「かな?」を二回言うのも!


言うのも・・・。

これは辛い・・・。さすがに辛い・・・。


時代的なものもありましょう。

ほのぼのしたヒロイン像の演出ということもありましょう。


しかしながら、「かな」を2回言われるのは、受け入れがたく。


でも、ひぐらしは全てに意味があるらしいので、この「かな」の2回もきっと意味があるのでしょう。


は!

もしや「かな?」じゃなくて「カナ」なのか?ひぐらしの?

ヒロインは「カナカナ」と鳴いているのか?

もしや体内にひぐらしをモリモリ詰め込まれている的なアレかっー!?


小学生的ホラー思考。
| アニメネタ | 13:45 | comments(4) | - | pookmark |
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。