CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
SAKE
かくです。

数年前は深酒の後に、ついワールドワイド(みんな愛してるぜヘイ的なやつ)になってしまう己の痛さに辟易していましたが、最近は、最終的に絡み酒やら泣き酒になることに冷や汗をかいてます。

「これが貴方様の醜態の証拠です」と写真や動画を見せられましたが、まあひどい。

酒を片手に、ブツクサ文句を言い続け、前髪オデコにべったり張り付いてるわ、目が座ってるわ、挙句、絡むだけ絡んで満足したところで、勝手に機嫌が良くなり、相手のテンションの低さ(そりゃそうだ)にまた腹を立てて第2ラウンドという・・・。

酔っても微かに残った理性で相手は選んでいるのか、絡み酒はまだ連れ以外には発動していませんが、そのうちワールドワイドに、ヘイヘイお前らアイヘイチューと絡みだすのではないかと気が気じゃない。

酒量が3杯を超えると自分のリミッターを自動解除しお代わりクダサーイが始まって、泣きor絡みからの二日酔いコースになるのは分かっているのに、この「3杯まで」の難しいことよ。

呑む際、相手に「こういう事情につき、3杯で止めて欲しい」とお願いしてみましたが、大概相手も酔ってしまうため、そんな制限は忘れてしまうケースがほとんどです。他力本願はやっぱダメ絶対。

そんなわけで、4杯目に手を出したら電流が流れるとかタライが落ちてくるとか顔面ケーキとか、体に覚えこませるような対策を考えないと、そのうち、駅のホームとかにいる、なんか常に怒っているおじさんみたいになるかもしらん。

世の人はいかに酒量リミッター対策をしてるのでありましょうや・・・。
| さしたるネタなしネタ | 22:28 | comments(4) | - | pookmark |
ロリポップ
めっきり寒くなりました。


最近、かわいらしいパッケージのお菓子をいただくことがたまたま、続けてありました。


世の中には「かわいらしいお菓子」というものが存在していることは薄々知ってたんですが、あまり縁がなく、菓子の箱にDSを入れておくくらいが関の山だったわけです。


しかしここで、裏パルの誕生日が近いじゃん!ということを思い出しまして。

こんだけかわいいなら、お菓子を誕生日にあげたっていいんじゃないかと、大変すばらしいアイディアを思いついたわけです。


そして「お菓子 かわいい プレゼント」で検索したところ、出てくるわ出てくるわ。

キラキラ、キラキラ。

お菓子の宝石箱や!

なるほど、これは「自分へのご褒美」にしたり、プレゼントにするわけだわ。


さらにネットで探索していたところ、「自分で簡単にできちゃうロリポップ」という動画を見つけました。

日にあたってキラキラしている、カラフルなロリポップ。

え、なにこれ。天啓?天啓だねこれ。
手作りキタ。きたよこれ。


当たり前ですが、菓子を作って人にあげたことなど、人生で2回しかない。(もちろん母が横で指示を出す)


ちょっと作ってみたんだよね、とテレを隠しつつ、いささかぶっきらぼうにキラキラロリポップを手渡すわたし。

「なにこれ、まじで?すごいじゃん」と目を丸くする裏パル。


うむ。悪くない。悪くないねこれは。


手作りロリポップを会社に持参し、おはよー、と笑顔で、会社の同僚や後輩に差しだす私。

 

 "え、なにこれチョーきれいです!"

 "すごーい、え、手作り?"

 "うそ−、お店買ったやつみたい!"

 "核ちゃん、こんな特技あったの??"


どよめくみんな。

いやいや、たいして大変じゃないって、みんなもできるって、と照れるわたし。


そして、いつしかキングオブロリポップと社内で噂されるように。


うむ!悪くない。まったく悪くないねこれは。


おや。チュンチュンとすずめの鳴き声が。気付けば朝方。


大満足で眠りにつきました。


翌日は休みで昼過ぎまで眠りこけ、元気にドラクエ11で馬に乗って野を駆け回り、龍が如くでチンピラを殴り倒し、やはり大満足で1日を終え、その翌日はもう裏パルの誕生日でした。

幻と化したマイロリポップ。

モノじゃない。

祝う心に意味がある。
| さしたるネタなしネタ | 19:45 | comments(0) | - | pookmark |
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。