CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
<< キック・アス | main | ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
膀胱の攻防
核です。

先月からからちょいちょい膀胱炎になってます。かれこれ30年くらいのお付き合い。

膀胱炎でも、私の場合は痛みが生じるほどではなく、ただひたすらにトイレに行きたくなり、行った後も残尿感でいっぱいという(多分)軽度なレベル。
でも「あートイレ行きたい」と思っているところで、ふざけて膀胱を押されたりしたら相手に殺意が湧くじゃないですか。
そういう状態がずっと続くので、夜もなかなか眠れず、仕事中もイライラしっぱなし。

低空飛行の拷問かよ!


内科に駆け込み、処方された薬が効かず、また違う内科に駆け込み・・・とやりましたが治らず。
とうとう泌尿器科に行って泣きついたところ
「そんだけ強い薬飲んで効かないなら、そりゃもう膀胱炎じゃないわー。ストレスストレス」
と一蹴されました。


「でも残尿感ひどいんです、仕事中辛いんです、なんでもいいから薬を・・・」
「ない。ありません」
「なんにもなしですか!?」
「ない。あるとしたら精神安定剤かもしれないけど、癖になるからやめなさい。あんまりグズグズ考えこまんで、おしっこは溜めずにバンバン出しときなさい」


思わずポカーンとなりました。

が、不思議なもんで、そんな昭和な先生の物言いになんとなく好感。私も昭和だからなんでしょう。

ストレスの要因なんて、外部的要因も大きくて、そんなすぐ簡単に取り払えるものじゃないけど、溜まるもんは仕方ないというか。

だったらせめて、楽しく考えたらいいかとか。
膀胱サナトリウムで出会った色白の美少年が深夜に口笛でムーンリバーを吹いて私を窓際に呼び寄せ、こっそり庭に抜け出した私と彼は月光の下でダンスするとか。きたこれ。


ちゅーかまあ、ストレスが日々溜まっていく分、代わりにおしっこをバンバン出すか!と。
どっちも溜めていいことはないですし。

そんなこと、思いました。
| さしたるネタなしネタ | 19:37 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:37 | - | - | pookmark |
冬はなんかトイレが近いなーって思ってたんですよ。あと、残尿感もあるし。でもそれを認めると老化を認めているようで嫌だったし、そんなこと書いてくれるブログもないもんだから自分だけかと気を揉んでたんですけど。

よかったー!この人よりマシだー!という優越感でいっぱいです。生きててくれてありがとう!

と、嫌な挨拶の仕方ですが。

というか、ストレスで残尿感とかってあるんですかね。なんかさあ、冷えすぎがいけない気がするんだけども。女の人って冷え性多いですし。お互い体には気をつけたいっすなあ。などと老人の会話ですね。

まあ、ゲームでもやってカラッと気分転換しましょうよ!ファイアーエムブレムは逆にストレスたまるときあるけど。そして残尿感がひどくなるのです。
| しゅん | 2013/02/19 8:28 AM |
ほんとにもう、嫌な挨拶をさせたら右に出るものなしのカエル博士、こんにちわ。

ストレスで頻尿はあるんですって。参りますなあ。でも冷えも確実にありますね、今年寒いし。

そうそう、ゲームでね!解消ね!ってファイアーエムブレムの続編やってますが、頻尿度合いは上がるばかり。

どうしたもんか。悩ましい。龍が如くでキャバ譲育成するしかないか…。
| かくこ | 2013/02/20 12:48 AM |









SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。