CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
<< グランドフィナーレ | main | ゴジラやらスノーショーやら >>
リズときつねと恋する死者たち
核です。

目下アマゾンのガリンペイロに夢中です(以前、NHKのアマゾン特集を観て以来)


特集の記事を読みたいがために日経ビジネスオンラインに登録してしまったはいいが、ガリンペイロを読み終わった今、いささか持て余し気味。

俺の愛したソニーとかマツダの原点とか、どうしてそういう話ばっかりなのかしら。と思って「ビジネスオンライン」だからか、と気付いた。

そりゃそうだな!


でも格好いいからすごく読んでるふりをし続ける。


「目覚めよサプライチェーン!!」とか急に言ってみる。



先日、映画観ました。

リズとキツネと恋する死者たち というタイトルです。http://www.liza-koi.com/sp/


?ハンガリー映画らしい

?トミー谷という日本のミュージシャンが出て来るらしい

?誰かがキツネに憑りつかれているらしい


という断片的な知識を元に、「アメリ風なアレだろハーン」とさほど期待もせずに挑む。


しかしながら、鑑賞後、トミー谷の歌と踊りの虜になっている自分がそこに。


内容としては、30歳の誕生日を迎える冴えないヒロイン「リズ」が、愛読書のような恋愛物語を夢見て、パートナー探しに奔走する という、ハリウッドのコメディとかにもありがちな話なのですが、なぜかヒロインの愛読書は日本の恋愛小説(繰り返し蟹バーガーが出てくる)だとか、トミー谷という怪しい日本人歌手(幽霊)の日本語のイントネーションが限りなく怪しいとか、なんかこう、「日本好きだから一生懸命調べてみたんだYO俺!ゲイシャいいよNE!」というような印象のね、非常にホッコリくるような設定なのでした。


内容的に品がなくなっちゃってもおかしくないような話なんですが、やりすぎじゃなく、絶妙なところで抑えてるところとか、ヒロインや出てくる登場人物が地味で、みんないまいち冴えないところとかも、共感がもてるし、変なリアル感を感じました。


「志村後ろ!」

と叫びたくなる展開が多いところも、ジャパニーズ情緒をくすぐられたのかもしれません。


なんかよかったんだよなあ、色々と。
















| 映画ネタ | 20:18 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:18 | - | - | pookmark |
ガリンペイロすごいですよね!

んもー、テレビ観てしびれましたよ。頭おかしい人祭りだもの。

腹に刃傷のある男が、棒を持ってこちらにやってきて、いきなり「おい、おまえら、人を殺したことがあるか?」って、ぶったまげる。目つきもいっちゃってるし。あなたも、若かりし頃はあんな目をして、暴れまわっていたのでしょう。

いやあ、久しぶりにテレビに出ちゃいけない人をみましたよ。そんな、あかん人もりだくさんのガリンペイロでしたが、日経ビジネスオンラインの記事を読みましたら、うーん、なんだろ、いろんな生き方があるなーって、ちょっとしみじみしてしまいました。記事の紹介ありがとうございます。


これ絶対、長めのドキュメンタリー作ったほうがいいですよねえ。アメリカでよくやっている蟹漁を追った「ベーリング海の一攫千金」みたいなの。キャラが立ちまくってる人ばかりだからなあ。面白くないわけがない。

でも死人が出そうだし、いろいろ難しいのかな。取材陣も襲われないともかぎらないし。



リズとキツネと恋する死者たちも、みょうちきりんな映画っぽくて面白そうですねー。とはいえ、今はガリンペイロに首ったけです。シリーズ化してほしい。
| しゅん | 2016/07/01 6:23 PM |
おおお、このガリンペイロへの食いつきったらアナタ。
いや、ほんとあの「お前ら人を殺したことあるか?」の人は、放送禁止のオーラ全開でしたよね。目つき体つき動き、全てがタブーな感じがしました。
若い頃の私が「コンチワ!」って言ったら、頭からかじられているでありましょう。

仰る通り、ぜひぜひ、長期ドキュメント化して欲しい。週に1回は観たい。
でもこの間の放映でも、アリを家族だと言っていた人(わたし、同じ年だった)銃を持ち出して取材班が「これはやばいぞ」って言ってたから、本当にかなり危険な取材なんでしょうね。

他に記事ないかなって探してたら、「ガリンペイロが来ると村が破壊されてしまう(川の汚染とかで)」というのが見つかって、そういう事情もあるのか、そりゃあそうかと複雑な心境になりました。でも気になって仕方ない、ガリンペイロ。

博士のレビューを読んで「アクト・オブ・キリング」も観てみたいと思ってますが、これは前もってすごく覚悟が必要そうですね・・・。
| 核子 | 2016/07/03 1:23 PM |









SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。