CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
<< 僕タマ | main | アイアンクロー >>
愛したおんな

かくです。



 



龍が如く0がようやく最終章に突入しました。



しかしまだまだ終われない。だってキャバクラバトルを制覇してないから。



でも本編のゴールが見えているので、どうにもやる気が出ません。



 



同時進行していた、男女恋愛まみれのぬるゲーと化したためにあまり評判が宜しくない(むしろ私は大好物ですが)ファイアエンブレムifの白夜編・暗夜編も終わってしまい、透夜編までダウンロードしたところで、さすがにちょっと飽きてきたことに気付きました。



 



ああ、どうしよう。



やるゲームが決まってないと、心が不安定になってしまうナイスミディ。



 



オロオロしていたら、なんとvitaで、あの名作ができるって言うじゃないですか!



しかも1と2がセット!



ばっかじゃないの、素敵過ぎるわ!



 



というわけで、心まで鋼鉄に武装する乙女となり、悪を蹴散らして正義を示す日々が始まりました。



 



お帰り「サクラ大戦」!!!!



 



振りかえれば、サモ日記を書き始めた頃は、せっせと毎日サクラ大戦の感想を書いていたものです。20代序盤でした。



倍の年月を経た今、こうして自宅と会社を往復しているさなかにも、大神隊長としての任をこなせるとは・・・。



すばらしい時代と言わずしてなんと言う。



 



そして、永い時を経ているにも関わらず、相変わらずしょっぱなからマリアに構ってしまう。



 



マリアさん





 



ちなみにパリ編で口説いたロベリアさん





 



さらについでにニューヨーク編で口説いたサジータさん





 



 



・・・おおお。これは恥ずかしい。傾向が丸見えですな。



コワモテ、ツンツン女性が大好きか。ドM男か。



 



 



そう、彼女達にデレなど不要なのです。
一生ツンツンしてて欲しいのです。



ツンが崩れ出し、頬を赤らめたりしようものなら
「ち、簡単にオチやがって・・・この尻軽女めが」
と、捨て台詞を吐いてしまう。
にも関わらず口説きながらゲームを進める、この不条理。
我、何をしたいのか。



 



 



 



それゆえ、滅多にデレない彼女を愛してやみません。



 



 



 



 



 



御方





只今参上、と言ってるわけではなく、多分どっかの高層ビルから着地したところ。



 



落ちるのと潜るのと意味深なセリフを言うのが大好きな素子パイセン。



 



 



世の中に不満があるなら自分を変えろ。 それが嫌なら耳と目を閉じ、 口をつぐんで孤独に暮らせ。 



と罵られたら、感激で失禁できる。



 



 




 



 



 



JUGEMテーマ:ゲーム



| ゲームネタ | 23:55 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
サクラ大戦、懐かしー。
やったことはないのだけど、みょうに曲だけは頭に残っています。一時期よくかかってましたね。大神隊長がハーレムでウハウハな設定なんでしょ。そうなんでしょ。そううかがっております。ゲームについては何も知りません。


>やるゲームが決まってないと、心が不安定になってしまうナイスミディ。


わかるわー。ほんとわかるわー。つい何か探しに行ってしまいますね。わかりたくなかった。



そうそう「ユーリ・オン・アイス」は漫画はなくてアニメのみですね。



攻殻実写版、あんまりいい評判聞かないですけども、どうなんでしょうねえ。少佐がスカヨハかー。スカヨハに言われて、失禁できるような出来になってるといいなー。失禁したい。
| しゅん | 2017/05/14 10:22 PM |
ですです。大神くんが鼻の下をのばしまくるゲームです。でも、戦闘パートが人をコマみたいに動かすタイプだから楽しいです。蒸気で動くロボットという設定なので、戦闘中、ガションガションシューコシューコいってるのも気持ち良いのです。

スカヨハ少佐は。。ねえ。華奢すぎやしないかと。少佐にしては。
いや、スカヨハ先輩は好きですけど、でももとこぉぉぉはねえ。
そんな無理になんでもかんでも実写化せんでもいいでしょうよって思います。さすがに。

そういえば、攻殻にまた神山監督が加わるみたいですね。神山監督版が好きなので、嬉しい限り。あくび姫はなんともかんとも。。でしたが、応援したいと思います。
| かくこ | 2017/05/16 12:10 AM |









SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。