CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
SELECTED ENTRIES
  • it (11/28)
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
<< ロリポップ | main | デトロイト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
it

はいはいはい、みてきたー!
ニュー「IT」みてきましたー!
邦題ダサいけどいいよいいよ!

http://wwws.warnerbros.co.jp/itthemovie/

わたしは、キングが大好きなのですが、その中でもITは大好きです。
原作も映画も。

愛するがゆえの緊張と不安もりもりの状態で臨んだニュー「IT」でしたが、これはこれで面白かったです。

違いは色々あるけども、昔のITにあった「怪しくて不気味で懐かしい雰囲気」が薄らいでいて「クッキリ怖い」感じ。
怖がらせる、驚かせるほうに焦点を絞っているような印象。
だったです。

【ペニーワイズ】比較

今回の御方は、こう、なんか割と整ってるんですよね顔。

出っ歯だが、歯がキレイ。
動きがキビキビしている。
食うから!こわがらせっから!というやる気がみなぎっている。



元祖ペニワイパイセンは、顔が変に長い。その長さが超怖い。


歯はガチャガチャで黄ばんでて、いやほんと嚙まれたら速攻病気になる、絶対噛まれたくないです!という見事な歯なのです。
動きもモッサリしている。

私にとってはやっぱり、元祖パイセンのが不気味でした。
初恋ならぬ初恐怖のひとです。


映画館で、私の前の席にじゃがいものような中学生男子が6人くらい、ワチャワチャ仲良く並んで見てましたが、なんか、うらやましかった。
映画に出てくる少年少女と同じくらいの年頃で、この映画を見てるんだねえと。
できたら、黄ばんだ歯の方のパイセンも見てほしいぜ、と、おばちゃん思いました。

ちなみに、観賞後に旧作についてなんとなく調べていたら、旧作で主役(少年時代)を演じたビル役の俳優さんが首吊り自殺したことを知りました。
享年27歳。 

27年って。

こわいって...。

| 映画ネタ | 00:25 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - | pookmark |
ややや、お久しぶり。
そうこうしている間に年末ですね。

ITの邦題がださいってどういうことだろーと思ったら、あれはキャッチコピーじゃないんですね。正気かという。
でも、面白そうですね。ペニーワイズも、なかなか男前のような。前はちょっとオッサン感があって愛らしいけど。


ロリポップ、作らなかったんですね。
がんばったけど、結局、腐った亀のエサみたいなのしかできなかったぜ! というのかと思いきや、よもや作りもしないとは。
いやー、本当に駄目な人間だわー。安心するわー。
どうかそのままでいてください。
| しゅん | 2017/12/01 7:15 PM |
ややや、年末になってまいりましたね。
そうなんです。それが見えたら終わり なんです。ゆわんでもええがな。無粋やわあと。エセ関西風に。

ニューペニー様は髪型もピシッとしています。やる気にあふれていて、見ているこちらも胸が熱くなりました。

腐った亀のエサってなにさ!
完璧な仕上がりでしたよ。そのまま売ってもいいくらい。惜しいのは、実在していないことですが。 
脳内ではばっちりできてたんだよ。。
| かくこ | 2017/12/02 1:07 PM |









SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。