CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
<< it | main | 歓喜 >>
デトロイト

かくこです。
 

先日、野菜の高騰についてテレビで取り上げられてました。

 

これにどう立ち向かうかというのを、料理の達人に訊く、という内容。

 

うろ覚えですが、あるシェフは「そこをあえて野菜を買おうぞ」と

高い高いっつっても、肉やら魚よりは安いじゃん?だから肉・魚を抑えて、その分野菜食えばいいじゃん。というのが理屈。

 

もう一人の栗原なんとかさんは、乾物またはお漬物で代わりに摂取したらどうかと。

 

最後に、我らがレミ(平野)先生は言い放ちました。

 

 

「野菜ジュースを飲めばいい」

 

 

雑じゃね!

 

でも嫌いじゃない。

 

---------------------------------

「デトロイト」http://www.longride.jp/detroit/

 

題材がかなり重い(1967年のデトロイトの暴動)上に、142分という長さで、普段だったら「観たほうがいいのは分かってるんだけども」と言いながら避けて通るところですが、これは映画館でちゃんと観たほうがよいであろうという連れの意見で、映画館に行ってまいりました。

 

情けないことですが、途中、感情が抑えきれず、席を立つのをなんとか抑え込んだほど、私にはヘビーすぎる内容でした。

 

「目の前にいるこの人は、人生があって、人格があって、人権があって、叩いたら痛いし、罵られたら傷つく、自分と変わらない人間である」

という認識がとても希薄になっている状態だと、人はどこまで残酷になることができるか、ということがずっと画面上で展開されているのでほんとしんどくて。

環境さえ変われば、銃を突きつけられる側にも、突きつける側にも、自分がどちらにでもなりうるんだということに心が真っ黒になってしまって、ああもう観たくない、もうしんどい、もうやめて、と何度も何度も思いました。

 

以前、たまたまTEDで観た人のプレゼンが、強く心に引っかかっていたのだけど、この映画を観て、その背景のほんの一部を知れたような気がしました。

 

https://www.ted.com/talks/clint_smith_how_to_raise_a_black_son_in_america?language=ja

 

彼が銃を持つ代わりに詩をうたうこと、

映画の登場人物の一人が、讃美歌を歌うことに、ほんのちょっとだけ、勝手に救われたような気持ちになりました。

 

警察官役を演じていた役者も、「これ以上やるのは辛い」と監督に向かって涙を流した(他の役者も)エピソードを見かけたので、もうどんだけしんどいんだよという。

 

ちなみに、最も過激な警察官役の役者さんの顔が、観るたびにノーマン・ロックウェルが描く少年を彷彿とさせて、その行動と顔の違和感が、彼の残虐性を浮き彫りにした感がありました。

 

そんな彼のお顔はこちら。


 

 

 

鑑賞中、すっとどっかで観たことがある・・・だれ・・?と気になってて、検索したらなんと「ナルニア国物語」に出演していたのでした。

 

その時がこれ。


 

 

 

いたーーー!いたね、この子。

味わい深い、いい顔してる。

 

ちなみに、ITのペニワイパイセン役をやるはずが、事情により降りたそうです。

結構、観たかったかも。

| 映画ネタ | 21:00 | comments(2) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | pookmark |
生きとったんかワレー! ということでお元気なようで。
もっと書きなよー。


野菜高いよねえ。白菜とかほんと‥‥。モヤシを食す日々ですよ。

>もう一人の栗原なんとかさんは、

栗原はるみ先生です。なんだか観ちゃうんですよ、Harumi's Kitichen。ほら、心がOLだから。足首にシャネルマークのタトゥが入ってるから。



デトロイト、重苦しそうな映画ですねー。
キャスリン・ビグロー監督ですし。この監督、ハードなものばっかり撮りますねえ。

警官役の人は、ほんとノーマン・ロックウェルが描きそうな感じがありますね。ソバカスがあって素朴な感じなのかなあ。面白そうだけど、観るのにエネルギーがいりそうな作品ですね。
| しゅん | 2018/02/21 1:41 AM |
そう!それです、はるみ先生でした!大満足。 
博士にはシャネルマークのタトゥシール五枚セットを差し上げましょうぞ。存分に貼りなされ、おでことか。

デトロイト、重かったです。
季節も夏で、みんなギラギラしてるし。

お巡りさん役の彼はソバカスがあって、ちょっと目が離れてて、何より、明らかになにかが欠損した状態で大人になってしまった役どころで、なんていうかかなりロックウェル。
そう、闇ロックウェル。
生まれて初めて言ったけど。
| かくこ | 2018/02/24 9:03 AM |









SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。