CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
<< 歓喜 | main | 夏印 >>
SAKE
かくです。

数年前は深酒の後に、ついワールドワイド(みんな愛してるぜヘイ的なやつ)になってしまう己の痛さに辟易していましたが、最近は、最終的に絡み酒やら泣き酒になることに冷や汗をかいてます。

「これが貴方様の醜態の証拠です」と写真や動画を見せられましたが、まあひどい。

酒を片手に、ブツクサ文句を言い続け、前髪オデコにべったり張り付いてるわ、目が座ってるわ、挙句、絡むだけ絡んで満足したところで、勝手に機嫌が良くなり、相手のテンションの低さ(そりゃそうだ)にまた腹を立てて第2ラウンドという・・・。

酔っても微かに残った理性で相手は選んでいるのか、絡み酒はまだ連れ以外には発動していませんが、そのうちワールドワイドに、ヘイヘイお前らアイヘイチューと絡みだすのではないかと気が気じゃない。

酒量が3杯を超えると自分のリミッターを自動解除しお代わりクダサーイが始まって、泣きor絡みからの二日酔いコースになるのは分かっているのに、この「3杯まで」の難しいことよ。

呑む際、相手に「こういう事情につき、3杯で止めて欲しい」とお願いしてみましたが、大概相手も酔ってしまうため、そんな制限は忘れてしまうケースがほとんどです。他力本願はやっぱダメ絶対。

そんなわけで、4杯目に手を出したら電流が流れるとかタライが落ちてくるとか顔面ケーキとか、体に覚えこませるような対策を考えないと、そのうち、駅のホームとかにいる、なんか常に怒っているおじさんみたいになるかもしらん。

世の人はいかに酒量リミッター対策をしてるのでありましょうや・・・。
| さしたるネタなしネタ | 22:28 | comments(4) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:28 | - | - | pookmark |
暴れてるねー。何か問題を起こしてブログで報告してくれないかと、ワクワクしながら見守りたいと思います。がんばって!

僕はまったく飲めないので、飲める人がうらやましかったりしますけども。お酒を飲むと、視界が暗くなって上半分ぐらい見えなくなったりします。死ぬのかな。

そういえば、友人はアル中になってしまったようで断酒に苦労しているようでした。酒が切れると手が震えるとか。恐ろし。

鬼殺しという酒は紙パックでストローがついていて、その理由はアル中でもストローをくわえれば飲めるということらしいです。これでブルブル震えて貴重な酒をこぼすこともない。最終的には地面に置いて飲めばいいという。優しい会社だなあ!

と、友人が言っておりましたよ。

どうかお体に気をつけてください。でも、震えてないなら、まだまだいけるな! 震えるまでいこう!
| しゅん | 2018/05/09 1:51 AM |
事件を起こしたら、出所後にしか日記を更新できなそうだけど、頑張ります。JUGEMがなくなってたらどうしよう。いったいどれだけムショに入る予定なのか。

博士は呑むと殴られた人みたくなるんですな。。半分あの世みたいじゃないか。。

た、確かに鬼ごろしってストローがついてますが。震えてこぼすのを防止するためってそんな...。
アル中に優しい会社だねじゃない。横たわってストローくわえている自分の姿を思い浮かべて背筋凍りました。
博士のお友達が、断酒に成功できますように。

わたしは、震えるレベルに行きつく前に吐いてぶっ潰れると思われます。
そう考えるとお酒が強い人は、それはそれで大変だな。。


| 核子 | 2018/05/10 1:25 AM |
そうそうそう
40あたりから
おれもおかしな酔い方をし始めて
気をつけないとって
40超えたら
ひとはみな潜在的メンバーなんだなぁって
| ぽん(お久しぶりです) | 2018/05/10 8:13 PM |
な!お久しぶりすぎてアワアワしちゃいましたよ!
おおおお元気ですか!生きてますか!

やはり、ぽん先輩もやばいですか。。
私の一つ?二つ?上だったからそうですよね、もうメンバーですよね。
ほんとに、ホームで怒ってるおじちゃんのことが他人事じゃないのです最近。でもまた、レギュラー入りはしたくない。。

| かくこ | 2018/06/17 7:30 PM |









SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。