CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
ゴーストトリック
核です。

ヴァルキュリアがとうとう終わってしまいました。
ああああ。流行のヴァルキュリアロスです。いや、ヴァルキュリアが流行ってるわけではなく。

2を買う気満々でしたが、あんまり面白くないらしいぜという噂を聞き、ちょっと躊躇していたところ、可哀想に思ったのか知人が「ゴーストトリック」というDSゲームを貸してくれました。

パッケージもちょっとおふざけな感じだし、民族の独立をかけて戦ったりしていた(ヴァルキュリア)私としてはさほど気乗りしなかったのですが、やってみたら面白く、元々ボリュームもないゲームですが、一気にやりこみ、3,4日で終わってしまいました。

逆転裁判のクリエーターが作っているので、いささか強引だけど、テンション高いしまあいっか!みたいな雰囲気がとても似てます。

本作は、既に死んでしまい、自分が誰なんだか記憶をなくしてしまった主人公が「モノ」にとりついて「アヤツル」ことで、うっかり死んじゃった他人の死を回避しつつ、俺が誰なのか探しをするゲームです。

アマゾンのレビューにもありましたが、確かにピタゴラスイッチの裏方さんをやってるみたい、な感覚。
何度でもやり直しはできるのに、なぜか毎回焦ってしまう面白さ。

あとは、登場人物がほぼ全員ちょっとイカレ気味なところ、たまりません。
ガンガン死んでいくのになぜかみな、妙に明るくアホっぽい。

歩き方とか仕草とかで、キャラクターを特徴づけているところにちょっと感銘を受けました。
どのキャラもなんかしら変なことをしてるので、つい目で追ってしまう・・・。
CGとかでキャラクターの表情をリアルに見せたりしなくても全然いいんだよなー、センスあるなーって。
まあ、それぞれのゲームのテイストもあるから一概には言えないんですけども。

あー、面白かった。



JUGEMテーマ:ゲーム
| ゲームネタ | 20:46 | comments(2) | - | pookmark |
戦場のヴァルキリア3
核子です。

「戦場のヴァルキリア3」ですが、気付けば84時間やっております。

女の子との蜜月トークとかがてんで少ない・・・ほふく前進とか泥臭い・・・とブツクサ言いながら始めたものの、綺麗にはまりました。
面白すぎて、もうすぐ終わっちゃうんじゃないかとハラハラしながら、チマチマ、チマチマやっています。

作品の筋書き(による感情の起伏)がゲームを盛り上げるというか、プレイの喜びを増幅させていて、ストーリーの展開もうまいよなあと感心します。

そう、その吸引力は、激しい恋愛の駆け引きのごとく。
さながら、さほど興味がなかった男性に「好きだああああ」と毎日叫ばれ続け、「そ、そんなに言われたら・・・」と若干揺らぎ始めたところで「ごめん、俺、日本一のまぐろ漁師を目指したいんだ」と突然去られてしまう、みたいな。そして、つい、彼の背中を追って自分も海に出る、みたいな。


うむ。全然、さながらになってなかった。
まぐろのくだりは忘れてください。


お陰で、ランチは常に一人です。
対戦車兵で戦車を爆破した時の「ドゴーン!」という音にウットリし、狙撃兵の一撃で敵がフラリと倒れた瞬間に「よっしゃ」と心の中でガッツポーズをしているため、なかなか誰かとランチトークができません。

たまに我に返り、楽しそうに会話しながらランチをしている人々を見て、自分は大丈夫かと不安に駆られます。

でもなあ。
終わったら2を買うからなあ。

まあ、ぶっちゃけ、本気だせばすぐに作れるけどね、友達とか?
今はソッチ方面にやる気出してない、みたいな?

私の性格が、ゴラムとかハマー似だから誰も寄ってこない、とかじゃないから。
断じて違うから。


友達は、 できます!(おぼちー風に)




JUGEMテーマ:ゲーム
| ゲームネタ | 23:02 | comments(2) | - | pookmark |
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。