核子
・職業は千代田区OL
・愛読書は漫玉日記
・愛する人はミスターちんとサモハン(キンポー)。
・過去の日記はこちら

♦どうでもいいことですが、何故サモ日記か

「ジャッキー・チェンとユン・ピョウとサモハンキンポー、実際に戦ったら誰が一番強いでしょう!」
香港映画全盛期だった小学生時代、クラスメイトの男子がそんな質問をしてきました。

「ジャッキーに決まってるじゃん!」
と大えばりで答えた私に彼は
「ブッブー!違います、サモです!」
と答えました。

「なんでよ!」
「お前バカか?サモはあんだけデブで大きいんだから、一番パンチ力があんだよ。映画の中では、ジャッキーが強いことになってるけど、ほんとは一番サモが強い!」

それ以来、私はサモが大好きになりました。
本当は一番強いのに、あえて自分はピエロに回るサモ。
へこいふりして本当は強いサモ。


そういうわけで「サモ日記」です。

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
OTHERS

サモ日記

電車で座る能力だけ高い
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
パニッシャー コレクターズ・エディション
パニッシャー コレクターズ・エディション (JUGEMレビュー »)
トム・ジェーン
夜中に突然ラーメンが食べたくなったりコーラが飲みたくなったりするように、突如トラボルタを観たくなる事があります。もちろn、悪役トラボルダ。

というわけで借りてきたこのビデオ。
原作がアメコミなので、物語はとてもシンプル。
愛する家族を殺されちゃった優秀な潜入捜査官が、マフィアに一人復讐を挑む。

うむ、落ち着いてトラ様を堪能できそうだと思ったら仰天。
私、アメコミに対する概念が崩壊させられました。

そもそも主人公の復讐がえげつない、せこい。
逞しい筋肉を持っていながら、そちらを駆使するのではなく、精神的に相手を痛めつけていく主人公。
(張り込みとかもしっかりする)
観てる途中から、誰が悪人だか分らなくなります。

主人公の前に立ちふさがる敵もスゴイ。立ちふさがってないし。
殺す対象に向けて自作の歌を披露して、20秒後に自分が死んでたりとかもう訳がわからん。デスペラードも真っ青だよ。

つまらない既成概念は捨てるべきだということを学べる映画です。
っていうかなんでこれがアメコミなのか。
アメリカ、狂ってるなあ。